お問合わせ アクセスMAP トップページ
トップページ
監督 川北紘一
業務内容
会社概要
お問合わせ
最新の特殊映像を生み出す ドリーム・プラネット・ジャパン
▼制作作品 01 / 02 / 03 / 04 / 05 / 06 / 07 | ▼イベント 講演会
制作 企画作品
超星艦隊セイザーX 超星艦隊セイザーX
2005年10月1日〜
毎週土曜日あさ9:00〜9:30
テレビ東京系6局ネットほか全国計30局で放送
「コスモカプセル」地球に存在する12個すべてを手に入れた者は、全宇宙を支配する力をもつことができる・・・
西暦2500年−未来。邪悪な"宇宙海賊"が「コスモカプセル」すべてを強奪し、全宇宙を支配していた。その圧倒的な力の前では、カプセル奪還のために勇敢に立ち向かう反乱軍も、無力だった。 宇宙の平和を取り戻すために、反乱軍に残された手段はただ一つ。500年前にタイムスリップして、"宇宙海賊"によるカプセル略奪を阻止すること! そして、時空を超えて選ばれ戦士たちが2005年に送り込まれた・・・。

西暦2005年−現在。
"宇宙海賊"が「コスモカプセル」略奪のため、突如地球に襲来した。地球の《未来》を救うため、未来からやって来た戦士。地球の《今》を救うために、立ち向かう戦士。 地球を守るために"宇宙海賊"を迎え撃つ、現在と未来の戦士・・・・・その名は【超星艦隊セイザーX】
過去と現在と未来を繋ぐ壮大な物語が幕を開ける・・・・・!

『 スタッフ 』
[ 監督 ] 米田興弘・市野龍一 [ 特技監督 ] 川北紘一
[ シリーズ構成・脚本 ] 林民夫 [ アクション監督 ] 松井哲也
[ 音楽 ] 高木洋 [ 特殊造型 ] 品田冬樹・吉田哲弥・倉橋正幸・田畑恵
[ デザインワークス ] 西川伸司・永田太・真佐木一佐・吉田穣
[ 特撮制作 ] ドリーム・プラネット・ジャパン
[ 制作 ] ゼネラル・エンタテイメント/テレビ東京/東宝/読売広告社
『 キャスト 』
高橋良輔/進藤学/三浦涼介/松山まみ/松永博史/枚田菜々子/ロバート・ボールドウィン/森川由加里/宗方勝
幻星神ジャスティライザー 幻星神ジャスティライザー
2004年10月2日〜2005年9月25日
毎週土曜日あさ9:00〜9:30
テレビ東京系6局ネットほか全国計30局で放送

古の日本、時は戦国時代、各地で天下盗りの戦が繰り広げられていたその頃に、 地球を飛び出し、銀河を超えた宇宙では、宇宙性をもくろむ悪の異星人〈カイザーハデス〉がついに地球に侵攻を開始! だが、地球を守る宇宙人ライザー星人〈ノルン〉は(カイザーハデス)と戦い地球の大地に封印した。

――そして現代。封印されていたハデスは封印の力が弱まったことにより目覚めた!目覚めたハデスは、地球を手にいれようと行動を開始!巨大怪獣を呼び寄せ街を破壊し始めた。その時、謎の女性 天堂澪が待っていた怪獣型の土偶が割れ、中から謎の水晶〈ジャスティ・クリスタル〉が現れた。クリスタルから発せられた光によって怪獣型ロボット「ライゼロス」が出現、敵怪獣と戦い始める。

同時に高校生・伊達翔太と、その同級生・真田ユカ、大学生の平賀真也も光を浴びてジャスティライザーに変身。突然のことに戸惑う3人。
しかし3人は運命を受け入れてジャスティライザーとなることを誓う。さあ、ハデス軍団と地球の運命をかけた戦いがいま始まる!!

『 スタッフ 』
[ 監督 ] 石井てるよし・鹿島勤 [ 特技監督 ] 川北紘一 [ 構成・脚本 ] 稲葉一広・上代務
[ アクション監督 ] 松井哲也 [ 音楽 ] 高梨康治
[ 特殊造型 ] 品田冬樹・吉田哲弥・倉橋正幸 [ デザインワークス ] 西川伸司・荻原直樹
[ 特撮制作 ] ドリーム・プラネット・ジャパン
[ 制作 ] ゼネラル・エンタテイメント/テレビ東京/東宝/読売広告社

『 キャスト 』
伊阪達也/神崎詩織/井坂俊哉/江口ヒロミ/小澤栄里/中村有志
超星神グランセイザー 超星神グランセイザー
2003年10月4日〜2004年9月25日
毎週土曜日あさ9:00〜9:30
テレビ東京系6局ネットほか全国計28局で放送

超古代、今では誰も知らない文明があった。
地球は栄華を極め、人類は遥か宇宙への進出を開始した。しかしそれは宇宙連合の知るところとなった。相容れぬ両者の間に和解の道はなく、戦いの火蓋は切って落とされた。人類は敗れ、その文明は歴史の中へと消えた。

そして現代、新たな文明社会を築いた地球へ再び宇宙連合の脅威が迫る。
人類の未来を賭けて、迎え撃つのは12人の戦士!

『 スタッフ 』
[ 監督 ] 村石宏實・鈴木健二 [ 特技監督 ] 川北紘一 [ シリーズ構成・脚本 ] 大川俊道
[ 脚本 ] 園田英樹・古怒田健志・石井博士 [ 音楽 ] 高梨康治
[ 特殊造型 ] 品田冬樹・山部拓也 [ デザインワークス ] 西川伸司・岡本英郎
[ 特撮制作 ] ドリーム・プラネット・ジャパン
[ 制作 ] ゼネラル・エンタテイメント/テレビ東京/東宝/読売広告社
『 キャスト 』
瀬川亮/清水あすか/武田光兵/芹沢秀明/星野マヤ/松沢蓮/高原知秀/正木蒼二/磯山さやか/千葉美加/工藤俊作/赤星昇一郎
劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち 劇場版 超星艦隊セイザーX 戦え!星の戦士たち
全国東宝洋画系(2005年12月17日公開)
西暦2005年−現在。"宇宙海賊"が「コスモカプセル」略奪のため、突如地球に襲来した。 地球の《未来》を救うため、未来からやって来た戦士。地球の《今》を救うために、立ち向かう戦士。 地球を守るために"宇宙海賊"を迎え撃つ、現在と未来の戦士・・・・・その名は【超星艦隊セイザーX】

セイザーXの登場により、カプセル略奪に苦戦する"宇宙海賊"。しかし、"宇宙海賊"は宇宙最強最悪の生命体・ボスキートを蘇らせようとしていた。 迫り来る地球の危機に、伝説のヒーローが終結!グランセイザー、ジャスティライザー、そしてセイザーX。 今18人のヒーローが力をあわせて、地球の存亡をかけた運命の戦いに挑む!

『 スタッフ 』
[ 監督 ] 大森一樹 [ 特技監督 ] 川北紘一 [ 脚本 ] 田部俊行 [ アクション監督 ] 松井哲也
[ 音楽 ] 高木洋 [ 特殊造型 ] 品田冬樹・吉田哲弥・倉橋正幸・田畑恵
[ デザインワークス ] 西川伸司・永田太・真佐木一佐・吉田穣
[ 特撮制作 ] ドリーム・プラネット・ジャパン
[ 制作 ] セイザーXムービープロジェクト [ 配給 ] 東宝
『 キャスト 』
高橋良輔/進藤学/三浦涼介/松山まみ/伊阪達也/神崎詩織/井坂俊哉/赤星昇一郎
ガンヘッド ガンヘッド
「ゴジラ」の東宝と「ガンダム」のサンライズが組んだ、伝説の実写巨大ロボット映画が待望のDVD化! 世界初SFXロボット・アクション映画がボーナスCD付きで蘇る!!本作の特技監督を勤めた川北紘一自らが、DVDの制作を総指揮。特典映像として新たにメイキングを制作するなど、並々ならぬ意欲で本作のDVD化に挑んでいる。劇場公開時に発売され、現在では廃盤となり入手困難な、本多俊之による伝説サウンドトラックを完全復刻して封入!もちろん、永井真理子による主題歌も収録。

『 ストーリー 』
2039年、人類存亡の危機。巨大なマシーンが伝説の眠りからめざめた。
人類を、そして愛する仲間を救うため、ブルックリンは肉体と能力の限りを尽くして、人類に反逆した巨大コンピューター「カイロン5」に立ち向かう!
『 スタッフ 』
[ 監督 ] 原田眞人 [ 特技監督 ] 川北紘一 [ 脚本 ] 原田眞人/ジェームス・バノン
[ 音楽 ] 本多俊之 [ 主題歌 ] 永井真理子
[ メカニカルデザイン ] 河森正浩
[ 特撮制作 ] ドリーム・プラネット・ジャパン

『 キャスト 』
高嶋政宏/ブレンダ・バーキ/原田遊人/水島かおり/円城寺あや/川平慈英/斉藤洋介/ドール・ヌィーンB・トンプソン/ミッキーカーチス

ガンヘッド制作委員会/東宝・サンライズ/バンダイ/角川書店/IMAGICA/東宝映画
[ 制作 ] 東宝映画/サンライズ [ 協力 ] ハドソン [ 音楽 ] 配給:東宝
『東宝・サンライズ提携作品』
大空のサムライ 大空のサムライ
"撃墜王"坂井三郎の自伝的戦記を藤岡弘主演で1976年に映像化した戦争映画が初DVD化!川北紘一の特撮によるゼロ戦空撮シーンが圧巻。 川北紘一自らが解説する未公開特撮シーン、オリジナル&海外予告篇付き。

『 ストーリー 』
昭和17年太平洋戦争ニューギニア戦線。ラバウル海軍航空隊は連日ソロモン諸島上空で米軍と激しい空中戦を繰り広げていた。中でも優れた視力と反射神経を持つ坂井三郎一飛曹は、出撃のたびに確実な成果を挙げていたが、さらに空戦の技術を磨くことに専心していた。ゼロ戦を操って64機もの敵機を撃墜した実在のエース・パイロット、坂井三郎元海軍中尉が戦後、自身の体験を書いてベストセラーとなり世界各国でも翻訳された著作「大空のサムライ」の映画化。ゼロ戦に乗って戦い続けた男たちの心情が激しい空中戦を交えて描かれる。
『 スタッフ 』
[ 監督 ] 田中友幸/鈴木慶司 [ 監督 ] 丸山誠治 [ 特技監督 ] 川北紘一
[ 原作 ] 坂井三郎 [ 脚本 ] 須崎勝弥 [ 撮影 ] 西垣六郎
[ 制作 ] 大観プロダクション

『 キャスト 』
藤岡 弘/志垣太郎/伊藤敏孝/田辺靖雄/丹波哲郎/平田昭彦/地井武男/大谷直子
平成ゴジラ クロニクル 平成ゴジラ クロニクル
キネマ旬報社刊 川北紘一 監修

1989年12月16日。前作から5年の沈黙を破り、「平成ゴジラ」シリーズの記念すべき第1作『ゴジラVSビオランテ』が公開されました。
あれから20年が経過しようとしているこの機会に、今だから語って見せられる「平成ゴジラ」集大成本をお届けします。 数多くの未公開資料や、当時のスタッフによる回顧録、『ゴジラVSビオランテ』原作者・小林晋一郎氏の寄稿など盛りだくさんの内容です。

A4版・約250ページ・価格4,830円(税込)

2009年11月中旬より全国書店にて発売!!

【お問い合わせ】
キネマ旬報社営業本部 TEL 03-6439-6462
イベント 講演会
新宿タカシマヤ 大ゴジラ展(2003年) 大阪 大ゴジラ博(2003年)
横浜高島屋 東宝特撮ワールド(2004年)







トップページ  |  川北紘一  |  業務内容 |  制作作品  |  会社概要  |  お問い合わせ 
Copyright (C) Dream Planet Japan. All Rights Reserved.